忍者ブログ
ネット上の嘘っぽい情報を検証するっぽいブログ
2017/04
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おっ!

http://q.hatena.ne.jp/1240806851

はてなのこのエントリー(↑)は、7番目の回答者が正解!
でも、なぜか1番目の回答者のほうがポイントを多くもらっている。うーん。
ネット上でウソ回答が横行するのは、質問者が正しい回答かウソ回答か見抜けていないっていうのが原因かも? しかし、質問者が正しい回答かウソ回答かを見抜く方法なんてないし、やっぱり誰かが突っ込む以外方法はないのかも……。

で、なぜ7番目の回答者が正解かというと、以下の理由によります。

最高裁の判例で、人事部長が退職届を受理したことによって、雇用契約の解約申し込みに対する会社の即時承認の意思表示がなされたものとされ、労働者による撤回が認められなかった例(最判昭和62.9.18)があります。
この質問者の場合も「自分としても人事部に聞いてみますが」と述べていることから、すでに人事部(部長)に退職届が受理されたものと考えられます。
会社は質問者に退職を望んでいるようですから、撤回は非常に困難でしょう。

ところが、退職届を会社に書かされた、とも述べています。

訴訟になったとして、書かされたことを立証する責任は原告にありますから、質問者が立証できなければ勝訴することはできません。したがって、7番目の回答者がいうとおり「基本的には無理」が正解といえるでしょう。

ただ、労基署に駆け込めば、可能性ゼロではありません。
人事担当者によっては、労基署からの質問には弱気な返答をするかも知れません。

そのようなわけで「基本的には無理」はフェアな回答だと思われます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]