忍者ブログ
ネット上の嘘っぽい情報を検証するっぽいブログ
2017/04
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京新聞2010年4月4日のコラム
砂川事件について

教科書で読んだあの判例が、生きた歴史としてまたおいらの前に現れた…。

筆洗

2010年4月4日

 <米軍の駐留は憲法九条に違反する>。半世紀前、歴史に残る判断が示された。憲法の教科書で必ず紹介される「伊達判決」である▼東京都北多摩郡砂川町(現立川市)の米軍の飛行場に不法侵入したとして、旧日米安保条約に基づく刑事特別法違反罪で起訴された被告に、東京地裁の故伊達秋雄裁判長は一九五九年三月三十日、無罪を言い渡した▼墨筆で書いた辞表を懐に判決に臨んだ裁判長の覚悟に慌てたのは、当時のマッカーサー駐日大使だった。判決翌日、藤山愛一郎外相と会談、東京高裁を飛び越えて最高裁への上告を促した。田中耕太郎最高裁長官とも密談している▼裁判は大使の思惑通りに進んだ。検察は最高裁に跳躍上告。最高裁は地裁に審理を差し戻し後に有罪判決が確定する。露骨な内政干渉の事実が明らかになったのは二年前、米公文書が機密指定を解除されたためだ ▼外務省は元被告の情報公開請求に「記録がない」としてきた姿勢を最近やっと見直した。大使と外相が会談した事実を認め、速記録を元被告に開示したのだ。政権交代の大きな果実だ▼飛行場は七七年に返還され、昭和記念公園になった。百八十ヘクタールの敷地には三十一種類千五百本の桜があり、ソメイヨシノが満開だったきのうは二万人が訪れた。沖縄の米普天間飛行場の跡地に季節の花が咲き、市民を楽しませてくれる日も必ず来る。
PR
えぇぇ〜。
……。
「効率的に校正するための10のコツ」という記事。

15年以上雑誌の編集をやったけど、こんなんで校正がうまくいくはずがない……。
ライフハッカーとか、真に受けてる人が多そうだから突っ込んでおきますよ。

>>2. 文をシャープにしよう
>>
>>最終稿は下書きの10%減が目安。重複した表現を避け、無駄な言葉を取
>>り除こう。

そんなアホな…。10%って数字がどこから出たのか謎すぎるし、「文をシャープにしよう」という見出しも抽象的で、役に立ちそうで役に立たない記事の典型といえそうです。

>>
>>3. 静かな環境でやる
>>
>>校正には正確性が求められる。編集作業をするときは、気が散らないよ
>>うな静かな環境で集中してやろう。

それがコツなら、苦労はないでしょう。

>>
>>4. 色紙や定規を行に当てる
>>
>>色紙や定規を使って、校正している行を追うと便利。

プロの校正者で定規を使ってる人はめったにいません。逆に、経理担当者なんかは入力ミスの軽減のために使っていますね。それと混同しているのでしょうか?

>>
>>5. 声に出して読む
>>
>>自分の下書きを声に出して読んでみると、誤字脱字や「てにをは」の間
>>違いに気づきやすい。英文であればMicrosoftの『Text-to-Speech
>>Engine』などスピーチエンジンを活用し、原稿を自動的に読み上げさせ
>>るのも効果的。

正直、非効率的です。
効率的に校正するコツだったのでは?

>>
>>7. 反対方向に読む
>>
>>何度も編集を重ねているとその文章に慣れてしまいミスが見つかりづら
>>くなる。反対方向に読むことでリズムが変わり、思わぬ間違いが発見で
>>きる。

そ、そうかなぁ?
だれか、そういう読み方をしているプロの校正者はいますかね?
僕は見たことないですね。

>>
>>9. 休憩をこまめにとる
>>
>>校正は集中力を要する。10〜15分ごとに休憩を取ろう。

それは休憩をとりすぎでしょう。
かえって集中できないのでは?

>>
>>10. 他の人に見てもらう
>>
>>他の人にチェックしてもらうと、自分が見過ごしたミスなどを発見して
>>もらいやすい。

こ、コツですかね?
出版やメディアに関わる人なら、聞いたことがあると思います。烏賀陽オリコン訴訟。
初回期日の抽選には、江川紹子氏や加藤健二郎氏も並んでいました。言論人ならむちゃくちゃ気になるこの訴訟は、残念ながらよく誤解されています。たとえば、以下のブログの記事。

オリコンランキングは嘘だらけ(Y.R.M.K Blog)

この事件は「オリコンのヒットチャートを批判したジャーナリストが、訴えられた」、という構造ではありません。まったく違います。
オリコンランキングが嘘だらけかどうかも、この訴訟の焦点ではありません。

オリコンは、月刊『サイゾー』の記事にコメントを寄せた烏賀陽氏のみを標的にして、訴訟をしかけてます。また『サイゾー』が烏賀陽氏のコメントを記事内容にあわせて改変していることも明らかになっています(すなわち烏賀陽氏の意図と異なるコメントが掲載されている)。

問題点はどこにあるのでしょうか?

1)記事についての責任は編集部と出版社にあるが、その両者ともが訴訟の被告とされていない。すなわち、電話でコメントを求められただけの烏賀陽氏のみが標的とされた。
2)烏賀陽氏は記事掲載前(校正段階)に『サイゾー』編集部に対し、掲載されたコメントが自分の意図と異なると訴えた。しかし、記事の締め切りの都合で訂正が間に合わない、として、訂正を断られている。
3)オリコン社も複数のメディアを抱える出版社であり、自らの媒体で堂々と『サイゾー』に反論できたはずだが、まったくそれをしていない。
4)通常、訴訟に踏み切る前に警告(たとえば訂正記事の要求などを含めて)があるケースが多いが、オリコンは突然訴訟を提起している。
5)訴額は5000万円。訴えられた側は、弁護士への着手金だけで百万円単位のお金が必要になる。

簡単に要約すると、「烏賀陽氏は『サイゾー』からコメントを求められて答えたところ、意図しない内容で掲載された。オリコンはこれを奇貨として、前々から気にくわなかった烏賀陽氏に対し5000万円の損害賠償請求をしかけた。烏賀陽氏は金も時間も浪費させられて大変なことになった」、ということです。

端的にいって、この訴訟はかなり危険です。
法的には訴訟権の濫用が疑われます。またジャーナリズムにとっては、誰もコメントしてくれなくなる(すなわち取材ができなくなる)危険が心配されています。文責を負う出版社や新聞社ではなく、取材対象(コメントしてくれる人)を恣意的に訴えてよいということであれば、誰もコメントを寄せたくなくなるからです。最近では新銀行東京も同様の手法で内部告発者を訴えて株を下げましたが……。

以上をふまえて…

そこで、烏賀陽氏がYouTubeで放送しているうがやTVの第一回についているコメントを見てみましょう。その動画へのリンクもはっておきます。

「おかしいやんけ!オリコン訴訟」第1話

↑この動画に対して、以下のコメントがついていました。

おかしいのは、あなたでは?フリーのジャーナリストなんだから、 個人を訴えられることがあるのは当然でしょ。それが嫌ならずっと 組織(朝日新聞)の中にいればいい。組織(会社)を批判すること は言論の自由で、組織(会社)が個人を訴えることはケシカランっ て、どこまでご都合主義なんでしょう??(kiku2002氏)

100%的はずれです。
オリコンが訴えた訴訟物を理解せずにコメントをしているようです。
これだけ的を外しているということは烏賀陽氏の知り合いなどではあり得ないはずですが、烏賀陽氏に対して強い反感を抱いているように見受けられます。
最初はこの人がなぜ烏賀陽氏に噛みついているのか理解できなかったのですが、どうやら朝日新聞(同氏が以前勤めていた)が嫌いなんではないでしょうか? ネット上にはそういう方が多く見受けられます。ちょっと前に、民族派風味の不思議というエントリで書いたことと重複しますが、そういう人たちは人工無能的です。

・本質を知ろうとしないで、とりあえず書き込む。
・とりあえず朝日は反日だ考えている。

そして100%的はずれなコメントを書いてしまうわけです。
ひとりの民族派風味の方が100%的はずれなコメントを書くと、それを見た民族派風味な方がそれを頭から信じ込みます。なぜなら、本質を知ろうとしないタイプの方々だからです。

堂々と知らないことを書き、的はずれなコメントをつける人というのは、最近増え続けているように思います。

連鎖なんですかね?
「男の子牧場」がここまで叩かれると、予想通り擁護する人が現れます。
けっこうお世話になっている、ホームページを作る人のネタ帳にも、このように書かれてました。

男性は、女性のフリをしなければ中に入れないのだから、何を書かれているかは基本的に知る事が出来ない。
しかし、男性、女性双方がコミュニティーに参加する事が出来れば、特にこうした大きな問題にまで発展しなかったと思われる。

このような意見は散見されますが、問題はそう簡単ではありません。サイバーエージェントは、個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)にいう、個人情報取扱事業者です(第2条3項)。
また、「男の子牧場」のデータベースが、同法第2条1項にいう、「個人情報データベース等」にあたる可能性は高いと考えられるでしょう(実際のサービスはすでに終了しているので検証はできませんが)。

で、サイバーエージェントには個人情報を適切に取り扱う義務が課せられますが、なかでも気になるのが同法第18条2項です。

第十八条 (取得に際しての利用目的の通知等)
個人情報取扱事業者は、前項の規定にかかわらず、本人との間で契約を締結することに伴って契約書その他の書面(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録を含む。以下この項において同じ。)に記載された当該本人の個人情報を取得する場合その他本人から直接書面に記載された当該本人の個人情報を取得する場合は、あらかじめ、本人に対し、その利用目的を明示しなければならない。ただし、人の生命、身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合は、この限りでない。

条文を文理的に解釈する場合には微妙にグレーなのですが(そして運用はまだ固まっていないから、司法の判断を待つしかない)、サイバーエージェントは「当該本人の個人情報を取得する場合(中略)は、あらかじめ、本人に対し、その利用目的を明示しなければならない」だろうと考えられます。そして、「サイバーエージェントは、その義務を果たしたのか?」を論点にしなければならないでしょう。
すなわち、少なくとも立法の趣旨としては、「個人情報取扱事業者は、本人に対して責任を負うべきだ」という立場であることは間違いありませんから、サイバーエージェントが本人に対して責任を負う姿勢を見せていたか、を問う必要があると言い換えられるでしょう。

「男の子牧場」の場合、男性の許諾を得ることは会員である女性に丸投げにしています。すなわち、個人情報取扱事業者として本来自分が行うべき許諾を得る行為や、本人(登録される男性)に対して負うべき責任を、ここで会員女子に転嫁していると考えられます。
これは個人情報保護法の趣旨を没却する行為ですし、コンプライアンス体制として問題がありそうです。

「男を家畜扱いするのか」という感情論もわからなくはないですし、それに対する反論があっていいとも思いますが、サイバーエージェントを擁護する場合は、上記に対する何らかの回答を用意しておく必要があるでしょう。
とあるブログを読んでいて、思い出したのが石破茂大臣のブログにあった「田母神・前空幕長の論文から思うこと」というエントリー。石破氏の論旨はまぁまぁ明快で、時に鋭い主張を含みます。

http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8451.html

↑これ。
そして、こういう論点であれば、必ず賛否両論のコメントがつきます(コメント欄を解放している国務大臣という点において彼はすごい)。

このような場合の、民族派風味の方達の文章は、

(1)相手の意見は読んでいない
(2)論拠が薄弱なわりに断言する
(3)ステレオタイプ。どっかで聞いた単語を並べる

という特徴があります。なんでだろ?

たとえば、

田母神前空幕長の考へ、姿勢を支持します。
田母神前空幕長の作戦勝ち。お見事!!

このコメント。
石破氏の論旨をまったく受けておらず、反論もしていません。
なのに、一切空気を読まず、田母神氏を「お見事!!」と言い切っています。

これは何なんだろう?
おいらはどうも、日本を戦争に導いたのは、旧日本軍というよりもこういう民族派風味が好きな、「俺の意見しか聞こえない。俺の意見だけが最高体質」なんじゃないかとも思うのです。
もうちょい見てみましょう。

従軍慰安婦の深層というブログの、「従軍慰安婦についての出典のはっきりした本当の話」というエントリーに付いたコメントは、さらに特徴的です。

http://d.hatena.ne.jp/abesinzou/20070504#1178177649

↑このエントリー(のコメント欄)は、とってもステレオタイプでした。
コメントをフルで引用しましょう。

natamaru123natamaru123 2007/05/04 04:10
で、上からお達しがきたのかどうかは知りませんが、こんなインチキをネットまで使って唱えるはやめましょうや。

natamaru123natamaru123 2007/05/06 16:43
ナヌムの家でレイプ事件があったというコメントも、荒らしととらえる人もいれば的確な事実の指摘ととらえる人もいます。

ばばばば 2008/11/11 10:47 「本ブログは従軍慰安婦について正しい知識を提供する場です」

看板に偽りありですねえ。

?? 2009/01/22 13:30 これはキモチわるい
さすが左巻きデスね

彩雲彩雲 2009/03/08 14:00 証言は即、証拠ではない。われわれは今一度、法治国家の大原則を確認せねばならない。


残念ながら論理的な反論が一切ないわけです。
なのに「看板に偽りあり」「左巻き」と断言するコメントが並んでいます。最強なのは「証言は即、証拠ではない。」というコメント。どうもこの元記事をちゃんと読んでいないようです。読んでてこれを書いたとしたら、逆に元記事の正当性に対抗できなかったのか? と疑われそうです。

さて、おいらがこれらのコメントを読んで想起するのは「人工無能」です。
論理的な思考に対して論理を持って対抗できない人が、どれくらいいるのか? 推定することは難しいと思いますが、もしその数が意外にも多かった場合、日本の将来は暗いのではないかと考えています。
(案外多いんじゃないですかね……)。

人工無能だって一定の割合で有権者であり、投票にも出かけるでしょうから、それらの票が選び出した政治家たちがどんな日本を造っていくのか、考えるとちょっとへこみますね。


※なお、従軍慰安婦の深層の真相については、まったく詳しくないのでわかりません。
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]